イジョンジェの結婚相手はイムセリョンなのか?なかなか結婚しない理由は何?

イジョンジェ




Pocket

俳優イジョンジェさんは1994年に映画デビューするや否や韓国の映画賞新人賞を総なめしたという経歴があります。

1995年に出演したドラマ『砂時計』でボディーガード役でさらに評価が上がり、人気俳優へと登り詰めました。

イジョンジェさんは、ずば抜けた演技力で視聴者を魅了する実力派俳優の1人です。

そして、2021年に韓国はもちろん全米でも話題となった『イカゲーム』の主人公で再ブレイクを果たしています。

また、日本人では大泉洋さんに似ていることでも有名ですよね。

そんな、イジョンジェさんですが1972年生まれということもあり、もう少しで50歳を迎えるという驚きの年齢です。

現在、テサングループの長女・イムセリョン専務と交際していますが結婚についてどう考えているのでしょう。

ということで再ブレイク中のイジョンジェさんの結婚について、迫ってみたいと思います。

 

イジョンジェの結婚相手はイムセリョンなのか?

イジョンジェとイムセリョン画像

 

イジョンジェさんの結婚相手として最も近い関係にあるのがイムセリョンさんです。

イジョンジェさんとイムセリョンさんは、これまでも友人としていい関係を築いてきていましたが6年ほど前の2015年1月1日、『新年1号カップル』の主人公になりました。

とイジョンジェさんが公開カップルとして告白したことが世間の注目を集めました。

『長い年月、友人として過ごしてきたが、最近になって慎重に気持ちが大きくなっていきました。』

と交際を認めました。

お相手のイムセリョンさんは、テサングループの長女であり、テサングループの専務でもあります。

テサングループは財閥ランキングでは40位台とあまり高くはありませんがそれでもイムセリョンさんはグループ持ち株会社の株を20%近く保有しているので大株主なのです。

もともと、イムセリョンさんは韓国のトップ財閥であるサムスングループの実質的オーナーのイジェヨン副会長と1998年に結婚し、一男一女を授かりましたが2009年に離婚しました。

2人の子供の養育権は別れたサムソン皇太子とテレコに設定していて、現在はイムセリョンさんが養育してます。

イジョンジェさんとイムセリョンさんの最初の出会いは16年前にさかのぼる。

なんと16年近く前から友人だったらしく、腐れ縁といってもおかしくない間柄なのです。

また、この2人はその間に2度の熱愛説と1度の結婚説が飛び出し、その度に2人は口裏を合わせてきました。

『私たちは友人関係です。』

なぜならイジョンジェさんはチョンウソンさんやイヘヨンさん、オムジョンファさんなどの親友と一緒にイムセヨンさんと会っていたから、そう言った関係には無かったと事実無根を主張していました。

ですが実際のとこ、イジョンジェさんとイムセリョンさんは、熱愛中だったのだ。

イジョンジェとイムセヨンのデート写真

画像出典元:ワッタカッタ!さんのBLOG

イジョンジェとイムセリョンのデート現場

画像出典元:ワッタカッタ!さんのBLOG

 

アフロマスター
完全にデート現場を抑えられちゃってるじゃん!

 

ミユキ
どうやって言い訳するんですかね。

 

江南のチョンダムドンやサムソンドンを行き来しながら、密会を続けていたようです。

2010年にはフィリピンへの同伴旅行をキャッチされたりしましたが、イジョンジェさんは、知人らと『事業構想』を兼ねての旅行だったと明かしています。

実際にイジョンジェさんはは2009年に『ソリムC&D』という不動産開発会社を設立し、
三成洞110-2番地一帯の土地を購入したことからも、『事業構想』という言葉にも一応つじつまは合う感じなっているようです。

どうやらこの2人のデートはイジョンジェさんの仕事のスケジュールでほぼ決まっていたようです。

イジョンジェさんが新作『暗殺』で海外ロケを終えて、帰国した日や映画『ビッグマッチ』の宣伝活動を開始しする時期にデートが集中していたと言われています。

要するにデートの日はイジョンジェさんがオフの日にしていたことがわかりました。

イジョンジェさんとイムセリョンさんには、共通の親しい後輩がいます。

その後輩の家を訪れることがあるのだが、そこがまさにトップスターがこそこそ隠れながら会う場所として有名なところでもちろん、その家の主人もみんなが知っているトップスターなようです。

12月になると新作『ビッグマッチ』の宣伝でイジョンジェさんがずっと国内にいるので2人は頻繁に会っていたという。

映画『暗殺』の撮影で、一時期ソウルを離れていたことがありますがそれを除きほとんど毎日夕食をともにしていたと言われています。

 

イジョンジェとイムセリョンのデート現場

画像出典元:ワッタカッタ!さんのBLOG

スポンサーリンク

 

また、イムセリョンさんのセカンドカーはポルシェ 911カレラ4S。

会社への通勤用としては、レンジローバーに乗っているが、2人のデートではいつもポルシェが使われる。

イムセリョンさんは会社からの帰宅後、自分の運転で、イジョンジェさんの家に向かう。

 

イジョンジェとイムセリョンのデート現場

画像出典元:ワッタカッタ!さんのBLOG

 

デートのパターンはごくごく単純明快!

イムセリョンさんが住むチョンダムドンの家やイジョンジェさんが住むサムソンドンの家(高級マンション「ラテラス【la terrasse】」)を行き来するのみ。

昼には主にイムセリョンさんがが運営する『メゾン ドゥ ラ カテゴリ』で食事、夜は大体、イジョンジェさんが住むサムソンドンの家での密会という感じです。

イジョンジェ 自宅

画像出典元:ameblo

 

イジョンジェさんのスケジュールは芸能人なので一般人と違って流動的です。

イムセリョンさんの方はサラリーマンと同様に平日、会社に出勤せねばならない身の上だが、財閥の娘であるため、一般の会社員より出勤時間は自由がきく。

イムセリョンさんは朝早くイジョンジェさんの家を出て、チョンダムドンの家でレンジローバーに乗り換え、出勤している。

 

イジョンジェがなかなか結婚しない理由は何?

イジョンジェ 画像

画像出典元:K-pop news inside

 

2015年に交際を認めた2人ですが2021年現在でも静かながらも堂々と互いに頼って恋愛を続けています。

気になるのが交際してすでに6年が経過するがそろそろ結婚という話になってもおかしくありません。

イジョンジェさんは1972年生まれなのでもうじき50歳を迎えるのでその動向が気になるところです。

実際にイジョンジェさんはチャンドンゴンさんの結婚について、

『羨ましいのは愛する人に会ったことがうらやましいだけ、結婚したのは気が進まない』

と結婚に対する率直な心境を明らかにしました。

また、イジョンジェさんは、イムセリョンさんとの結婚について、

『私は芸能人であるので、私の私生活が世間が関心を受けることは耐えている。しかし、イムセリョンさんは一般であり、特に2人の子供の母親であるため、私によって彼女の家族が傷ついたり邪魔されるのは防ぎたいです。』

そして、

『またまだ結婚は早いと思う。まだ結婚を考えていない』

と付け加えて話しました。

これらのイジョンジェさんの発言に世間の声は、

『結婚しなくてただの友達のように生きるのも良さそうだ』

『継承の問題が原因女性の方の家が反対しているではないか』

『子供たちは、お金、イケメン恋人であるセリョンはないのが何なのか』

などと言って、これら結婚していない理由に再び推測しているようです。

また、イムセリョンさんはすでに一度結婚しているし、子供もいますので、再度結婚をする選択がなかなか難しい状況でもあります。

イムセリョンさんの離婚成立の条件として『外部には一切を秘密にする』という訳がわからない条件が含まれているのでそれにより詳細は明らかとなっていませんし、再婚についての条件も含まれてる可能性があります。

その条件とは元旦那であるイジェヨンさんより先に再婚はしないという条件があるのではという見方も出ているようです。
アフロマスター
めちゃくちゃな条件だな!

 

そういった事情からイジョンジェさんとイムセリョンさんの結婚の障害になっている可能性もあるのかもしれませんね。

だから、2人は現在も恋人関係という自由の関係を維持しながらも、イジョンジェさん、イムセリョンさんとして、それぞれの俳優と経営者の地位を維持し続けてるのです。

 

ドラマ『イカゲーム』で共演しているチョンホヨンさんの彼氏について、知りたい方はこちらをどうぞ!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、

『イジョンジェの結婚相手はイムセリョンなのか?なかなか結婚しない理由は何?』

について、記事にさせていただきました。

まとめると、

 

まとめ

☑️イジョンジェさんの結婚相手に最も近いのはイムセリョンさんで間違いはなさそうです。

☑️イジョンジェさんとイムセリョンさんは、2021年で交際して6年になりますが今後とも結婚する可能性はなさそうですね。

 

以上、当サイトでは今後ともイジョンジェさんのご活躍を心より応援しています。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)